閉じる
  1. お米の代わりに最適!糖質制限中はお米を食べたいときはこうしよう
  2. 砂糖不使用のチョコレートが糖質制限中のおやつに最適
  3. Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話
  4. バナナの糖質は!?実際に高いの?
  5. お粥の糖質とカロリー
閉じる
閉じる
  1. アヒポキ丼の糖質とカロリー
  2. タンメンの糖質とカロリー
  3. コーヒーゼリーの糖質とカロリーは?高い?低い?
  4. お粥の糖質とカロリー
  5. オムライスの糖質とカロリー
  6. カップヌードル しお のカロリーと糖質
  7. カレーライスでダイエット!?
  8. ビールの糖質はやっぱり高い!?カロリーや糖質を比較
  9. リブロースの糖質、カロリーは?
  10. 糖質制限している時に朝食にバナナはOK?NG?
閉じる

糖質制限でダイエットブログ

糖質制限と焼肉(牛肉)


糖質制限ダイエットの一番いいところは肉を食ってもOKな所だと思ってるくんやです。こんにちは。

牛肉も魚も大好きなので、ホントそういったものが食べれないダイエットは続きません。

牛肉の糖質

部位糖質カロリー
和牛 肩ロース0.2g411kCal
和牛 リブロース0.2g468kCal
和牛 サーロイン0.3g498kCal
和牛 ランプ0.4g347kCal
和牛 ヒレ0.6g185kCal
和牛 かた(特選カルビ)0g751kCal
和牛 もも0711kCal
輸入肉 肩ロース0.1g240kCal
輸入牛 サーロイン0.4g298kCal
牛肉の主な部位の糖質とカロリー
(単位は100gあたり)

牛肉の糖質は上記のような感じなのです。牛肉が超低糖質食材であることがわかりますね。

それ以上に、超高カロリー食材でもあるのですが・・・(笑)

なので、カロリーとコレステロール的には食べ過ぎ注意なのですが、糖質的にはいくら食べてもOKなのです。

焼肉を食べる時の注意点

ただし、じゃぁ何も考えずバカスカ食べてしまうと実は糖質をたくさん取る事になってしまいます。そのため3つだけ注意点を。

ご飯は食べない

アタリマエですが、炭水化物はご法度です。肉が美味しいとついつい合わせてご飯も・・・となりがちですが、ご飯だけは我慢してください。もちろん〆の冷麺やカルビクッパ的なものも厳禁です。

ビールは飲まない

ビールは350mlあたり12グラムの糖質が含まれています。これはなかなかの量です。

焼肉にビール。最高の贅沢ですが、ちょっと我慢して、お酒はワイン(出来れば赤)や乙類の焼酎を中心とした蒸留酒を中心に飲みましょう。

焼肉のタレは使わない

そしてこれが一番のポイントです。焼肉のタレ。結構甘いですよね。

ほとんどの焼肉のタレはどっさりと砂糖などの糖質が含まれています。肉では太らないけど、タレで太るという自体が起こるのです。そのため、タレは使わないで、極力、塩と胡椒とワサビを組み合わせて食べることをお勧めします。

素敵な牛肉ライフを

ちょっと工夫するだけで美味しい食生活を遅れる糖質制限ダイエット。

なのでダイエット中にもかかわらず、こんなおいしい肉を先日は頂いちゃいました。シャトーブリアンが最高に美味!

DSC01769

ちなみに・・・勿論糖質制限をガッツリやるのも大切ですが、私の場合は週に一度は糖質開放デイを設けていて、普通にご飯を食べて炭水化物を摂取します。

あまりストイックになりすぎずに地道に長くコツコツと続けるのが成功のポイントですね!


関連記事

  1. ホルモン(焼肉)の糖質とカロリーについて

おすすめ記事

  1. お粥の糖質とカロリー
  2. お米の代わりに最適!糖質制限中はお米を食べたいときはこうしよう
  3. Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話
  4. 砂糖不使用のチョコレートが糖質制限中のおやつに最適
  5. バナナの糖質は!?実際に高いの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今日はアヒポキ食べました。アヒポキ丼。ちなみに、「アヒポキ」の「アヒ(ahi)」はハワイ語で…
  2. こんにちは。くんやです。今日はタンメンをいただきましたが、タンメンってどうしてこう・・・大盛…
  3. 結論から言うと、コーヒーゼリーは甘くないタイプのコーヒーゼリーは糖質は低いので食べまくっても大丈夫で…
  4. おいしいおかゆを食べました。最近のお粥は色々と入っていますね。今日食べたおかゆはシンプルに、…
  5. オムライスって美味しいですよね。あの卵の感じと、ケチャップライスの絶妙なコラボ。卵と、ケチャ…
ページ上部へ戻る