閉じる
  1. 砂糖不使用のチョコレートが糖質制限中のおやつに最適
  2. Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話
  3. お米の代わりに最適!糖質制限中はお米を食べたいときはこうしよう
  4. お粥の糖質とカロリー
  5. バナナの糖質は!?実際に高いの?
閉じる
閉じる
  1. アヒポキ丼の糖質とカロリー
  2. タンメンの糖質とカロリー
  3. コーヒーゼリーの糖質とカロリーは?高い?低い?
  4. お粥の糖質とカロリー
  5. オムライスの糖質とカロリー
  6. カップヌードル しお のカロリーと糖質
  7. カレーライスでダイエット!?
  8. ビールの糖質はやっぱり高い!?カロリーや糖質を比較
  9. リブロースの糖質、カロリーは?
  10. 糖質制限している時に朝食にバナナはOK?NG?
閉じる

糖質制限でダイエットブログ

Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話


こんにちは、くんやです。

さて、突然ですが、当サイトに掲載されている食品のカロリーや糖質の数値は文部科学省が公開している食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/ より転載をするケースが殆んどです。

そうでない場合はメーカー等の表示をそのまま転載している場合がほとんどなのですが、このたび、Google が8月の上旬くらいから「◯◯ 糖質」といった検索をすると、この文科省が公開しているデータとは明らかに違う数値が表示されるようになっています。

例えば、「バナナ 糖質」の検索結果だとこういった形です。

banana

バナナは100g あたり 12g の糖質と書かれています。

食品成分データベースに書かれているサイトで調べた(実に調べにくいシステムです。)数値をキャプチャしてみます。

bananajap

糖質は「 炭水化物 – 食物繊維 =糖質 」なので100g あたりのバナナの糖質は21.4グラムとなります。倍くらいの違いが出ています。

同じように玉ねぎを調べてみましょう。

Google では、100グラムあたり4.2と表示されています。

tamanegi

さて、同じタマネギでも多くのシチュエーションが表示されますが、明らかに 4.2 という数値は低すぎることが確認できます。

tamanegijap

繰り返しますが、糖質 は 「炭水化物 – 食物繊維送料 = 糖質」です。

糖質が多いことで有名なかぼちゃでも調べてみました。
100g 中 2.8グラム!?低い。低すぎます。

kabotya

かぼちゃの数値はこんな感じです。
ちなみに、僕らが普段食卓で口にしているかぼちゃは「西洋かぼちゃ」になります。国産のかぼちゃでもほとんど西洋かぼちゃです。

kabochajap

さて、数値が大幅にずれいてることは確認できたかと思いましたが、Google はどこからこの数値を引っ張ってるのでしょうか?主なソースと書かれているところに小さく USDS と書かれています。

ここをクリックしてみると United States Department of Agriculture
Agricultural Research Service というサイトへのリンクが貼られていました。USDA つまり、アメリカの農務省です。

では、アメリカの農務省の数値が間違っているのでしょうか?

試しにバナナの数値をUSDA のサイトで調べてみました。

バナナは google では 12グラム。
日本の文科省の数値では、炭水化物 22.5グラム、食物繊維1.1グラムで糖質は21.4グラムです。

Basic Report:  09040, Bananas, raw

bananae

他のカボチャとかでも調べてみたのですが、どうやら、Googleはこの一番の下の Sugar,total という数値を糖質だと勘違いして表示しているようです。

この表で言う carbohydrate というのは炭水化物の意味です。

食物繊維が Fiber です。

つまり、carbohydrate 22.84g(炭水化物) – Fiber 2.6g(食物繊維)= 糖質 20.84グラム
日本の文科省でしらべると 21.4グラムなので、ほぼ誤差の範囲ですね。
これなら信頼できる数値になります。

さて、肝心なのはGoogle が引っ張ってきている Sugars の数値です。おそらくこの数値を読んでいると思うのですが、この数値は何を表しているのでしょうか?

以前こんな記事を書きました。

炭水化物、糖質、糖分、糖類の違いって?

記事内の出てくる図を転載してみます。糖質の中には結構色々な糖の種類が混ざっているのですが、Google が引っ張ってきている Sugars という数値は、その中の何れかの成分なのではないかと推察できます。

toshitu

僕の英語力と時間的に今回はここまで調べるのが限界でしたが、何れにしろ、Google が今現在糖質として表示している数値が「糖質」を表していないことは確かです。

詳しい人が見ればすぐに分かりますが、そうでない人は間違えてしまうと思います。

Google の中の方には早く正確な数値を出していただけることを望みます。

 

追伸:炭水化物も糖質も英語だと両方共「Carbohydrate」なんですね。この辺りが実に問題をわかりづらくしてそうですね。


関連記事

  1. 糖質制限食は危険!?安全で有効!?

おすすめ記事

  1. お粥の糖質とカロリー
  2. お米の代わりに最適!糖質制限中はお米を食べたいときはこうしよう
  3. Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話
  4. 砂糖不使用のチョコレートが糖質制限中のおやつに最適
  5. バナナの糖質は!?実際に高いの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今日はアヒポキ食べました。アヒポキ丼。ちなみに、「アヒポキ」の「アヒ(ahi)」はハワイ語で…
  2. こんにちは。くんやです。今日はタンメンをいただきましたが、タンメンってどうしてこう・・・大盛…
  3. 結論から言うと、コーヒーゼリーは甘くないタイプのコーヒーゼリーは糖質は低いので食べまくっても大丈夫で…
  4. おいしいおかゆを食べました。最近のお粥は色々と入っていますね。今日食べたおかゆはシンプルに、…
  5. オムライスって美味しいですよね。あの卵の感じと、ケチャップライスの絶妙なコラボ。卵と、ケチャ…
ページ上部へ戻る