閉じる
  1. お粥の糖質とカロリー
  2. 砂糖不使用のチョコレートが糖質制限中のおやつに最適
  3. バナナの糖質は!?実際に高いの?
  4. Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話
  5. お米の代わりに最適!糖質制限中はお米を食べたいときはこうしよう
閉じる
閉じる
  1. アヒポキ丼の糖質とカロリー
  2. タンメンの糖質とカロリー
  3. コーヒーゼリーの糖質とカロリーは?高い?低い?
  4. お粥の糖質とカロリー
  5. オムライスの糖質とカロリー
  6. カップヌードル しお のカロリーと糖質
  7. カレーライスでダイエット!?
  8. ビールの糖質はやっぱり高い!?カロリーや糖質を比較
  9. リブロースの糖質、カロリーは?
  10. 糖質制限している時に朝食にバナナはOK?NG?
閉じる

糖質制限でダイエットブログ

糖質制限ダイエット中に筋トレしたらどうなるの?


糖質制限ダイエットを行いつつ、並行して筋トレでさらなる肉体改造を図るという人はそれなりにいます。

では、糖質制限ダイエットと筋トレを並行して行うとどうなるのかと言うと、これは「減量および中性脂肪燃焼の効果が向上する」となるでしょう。

まずそもそもの話をすれば、糖質制限ダイエットというのは筋肉に対してはあまり良いものではありません。

筋肉、特に短時間で一気に強い力を出すような筋肉はそのエネルギー源としてグリコーゲンと呼ばれる糖を消費しますから、糖質制限ダイエット中は強い筋肉が動きづらい環境が長時間作られることになります。

筋肉は使えば使うほど強靭なものになりますが、逆に使わない、使えない時間が長いとそれだけ衰えていくことになるわけです。

一応「糖質制限ダイエットに慣れてくると脂肪分がグリコーゲンに変換される」という仕組みもあると言えばあるのですが、この変換の効率は決して効率が良いわけではなく、あくまでも非常時に体を動かすための仕組み程度のものでしかありません。

さて、そのため糖質制限ダイエットを行うと筋肉量が落ちる人が非常に多いのですが、これは筋トレを並行して行うことである程度の対策が可能です。

例えばダンベルを使った筋トレで腕の筋肉を無理やり動かしてやれば筋肉は「今動かなくてはならないのだから脂肪をグリコーゲンに変えてでも動こう」としてくれますし、腹部の筋肉でも足の筋肉でも同じことが起きます。

そのため中性脂肪は効率的にグリコーゲンに変換されて燃焼し、そして筋肉も不足したグリコーゲンを、本来よりは少ないとは言え補充しながら動くわけですから、減量と中性脂肪燃焼の効果がアップするわけです。

ただモデルのような体ではなくアスリートのような体を求めているということであれば、糖質制限ダイエットを一年中続けるのはお勧めできません。

あくまでも糖質制限ダイエットは脂肪を落とすものであって、筋肉を付けるものではないからです。

もしアスリートタイプの肉体を目指すのであれば、筋トレを中心として筋肉を付ける時期と糖質制限で脂肪を落とす時期で分けて行うことをおすすめします。


関連記事

  1. 糖質制限ダイエットの効果がでる期間とは?

  2. またぼちぼち書き始めます。

おすすめ記事

  1. お粥の糖質とカロリー
  2. お米の代わりに最適!糖質制限中はお米を食べたいときはこうしよう
  3. Google が提示する「糖質の量」が圧倒的に違すぎる話
  4. 砂糖不使用のチョコレートが糖質制限中のおやつに最適
  5. バナナの糖質は!?実際に高いの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今日はアヒポキ食べました。アヒポキ丼。ちなみに、「アヒポキ」の「アヒ(ahi)」はハワイ語で…
  2. こんにちは。くんやです。今日はタンメンをいただきましたが、タンメンってどうしてこう・・・大盛…
  3. 結論から言うと、コーヒーゼリーは甘くないタイプのコーヒーゼリーは糖質は低いので食べまくっても大丈夫で…
  4. おいしいおかゆを食べました。最近のお粥は色々と入っていますね。今日食べたおかゆはシンプルに、…
  5. オムライスって美味しいですよね。あの卵の感じと、ケチャップライスの絶妙なコラボ。卵と、ケチャ…
ページ上部へ戻る